袋井市の取り組み


耕作放棄地解消に向けて
耕作できなくなった農地の管理および今後の有効利用について

耕作できなくなった農地の管理について
 後継者不足問題や営農条件の悪さなど、様々な要因によって、耕作放棄地は年々増加傾向にあり、全国的にも問題となっています。

 雑草の繁茂による病害虫の発生、火災発生率の上昇など、周辺環境に多大な悪影響を与えます。

 作物を作らない農地は、適度な草刈りまたは、耕起をして、いつでも作物が栽培できるよう維持管理して、農地の保全に努めてください。

農業経営規模の拡大計画のある方、また新規に農業を始めたい方は、農業委員会までご相談ください。

 昨年度、市農業委員会が市内の耕作放棄地の状況を調査し、今後の有効利用についての施策を検討していています。

 土地所有者の方や地域の方との協議が必要にはなりますが、農業経営基盤強化促進法(利用権の設定)による貸し借り、一般企業の農業参入など、様々な事業展開が可能な農地があります。

 経営規模の拡大や新規就農、企業の農業分野への新規参入等、計画がある方は是非ご相談ください。

 

 

里づくり協議会流 耕作放棄地対策のトップに戻る